出典:デジタル大辞泉(小学館)

北海道東端からカムチャツカ半島南端に連なる列島。国後 (くなしり) 択捉 (えとろふ) 得撫 (うるっぷ) 幌筵 (ぱらむしる) 占守 (しゅむしゅ) などの島からなる。活火山が多い。付近の海域は魚類資源が豊富。安政元年(1855)日露和親条約によって択捉水道を国境とし、明治8年(1875)樺太 (からふと) 千島交換条約で全島が日本領となる。第二次大戦後、ソ連が全島を統治し、現在はロシア連邦の管理下にある。クリル列島。クリール列島。

[地理/日本地名/北海道]カテゴリの言葉

[地理/外国地名/東アジア]カテゴリの言葉

[地理/外国地名/東ヨーロッパ]カテゴリの言葉