出典:デジタル大辞泉(小学館)

《「論語」雍也 (ようや) から》知者が物事を円滑に処理するようすを、水が1か所にとどまることなく流れることにたとえ、仁者が欲に動かされず天命に安んずるようすを、不動の山にたとえていう。