出典:デジタル大辞泉(小学館)

《「論語」雍也 (ようや) から》知者は事物の理に通じ、迷って滞ることがないので、よどみなく流れる川を好み、親しむ。→仁者は山を楽しむ