ちち‐じま【父島】例文一覧 1件

  1. ・・・「きょうは父島から帰ったばかりですよ。その足で来たのです。」 栖方の発音では父島が千島と聞えるので、千島へどうしてと梶が訊ね返すと、チチジマと栖方は云い直した。「実験をすませて来たのですよ。成功しました。一番早く死ぬのは猫ですね・・・<横光利一「微笑」青空文庫>