ちっ‐ちゅう【×蟄虫】例文一覧 1件

  1. ・・・全く僕は蟄虫が春光に遇っておもむろに眼を開くような悦ばしい気持ちでいることができる。僕は今不眠症にも犯されていず、特別に神経質にもなっていない。これだけは自分に満足ができる。 ただし蟄眠期を終わった僕がどれだけ新しい生活に対してゆくこと・・・<有島武郎「片信」青空文庫>