出典:デジタル大辞泉(小学館)

平安中期の随筆。前中書王兼明 (さきのちゅうしょおうかねあきら) 親王著。天徳3年(959)成立。小亭での、悠々自適の老年の心境を漢文体で記したもの。
平安中期の随筆。慶滋保胤 (よししげのやすたね) 著。天元5年(982)成立。当時の京都の荒地に池と亭を構え、念仏と読書に閑雅な晩年を送るようすを漢文体で記したもの。「方丈記」に影響を与える。ちていのき。
[補説]ともに「本朝文粋 (ほんちょうもんずい) 」所収。