ち‐とく【知得】例文一覧 1件

  1. ・・・ この意味においては、書物とは見ざるを見、味わわざるを味わい、研めざるを知得するためにあるものである。それどころではない、思わざるを思うためにさえもあるものである。すなわち、自己独りではとうてい想望できなかったような高い、美しいイデーや・・・<倉田百三「学生と読書」青空文庫>