出典:デジタル大辞泉(小学館)

《「ちとめぐさ」とも》セリ科の多年草。葉は円形で縁が浅く裂け、つやがあり、柄が長い。夏から秋、白色や紫色を帯びた小花を多数開く。名は、葉をもんで傷口に当てて血止めに使ったことによる。

[生物/植物名]カテゴリの言葉