出典:デジタル大辞泉(小学館)

狂言。太郎冠者が、千鳥を捕らえるまねや津島祭の話などをして酒屋の亭主の目をごまかし、酒樽 (さかだる) を取って逃げる。
鈴木三重吉の処女小説。明治39年(1906)「ホトトギス」誌に発表した短編。夏目漱石が絶賛したことでも知られる。
田中千禾夫の戯曲。昭和34年(1959)、俳優座が初演。

[文学/明治以降の作品]カテゴリの言葉

[演劇・映画/演劇・映画の作品]カテゴリの言葉

[演劇・映画/能・狂言の作品]カテゴリの言葉