出典:デジタル大辞泉(小学館)

箏曲 (そうきょく) 。古今組の一。江戸末期に吉沢検校が作曲。古今集金葉集から千鳥に関する歌を1首ずつ選んで前歌と後歌にし、その間に手事 (てごと) をはさむ。「六段」とともに箏曲の代表曲。