ち‐の‐あまり【血の余り】 の意味

  1. 《親の残りの血でできた子の意》末っ子。
    • 「子におろかはなけれどもわけて御身は―」〈浄・用明天王
  • 名詞