ち‐ひょう〔‐ヘウ〕【地表】例文一覧 4件

  1. ・・・ 本文中に峰の茶屋への途中、地表から約一メートルに黒土の薄層があって、その中に枯れた木の根があるので、古い昔の植物の埋没したものではないかという想像を書いておいた。その後同じ場所に行ってよく調べてみると、これらの樹の根には生きている・・・<寺田寅彦「浅間山麓より」青空文庫>
  2. ・・・この地鳴りの音は考え方によってはやはりジャーンとも形容されうる種類の雑音であるし、またその地盤の性質、地表の形状や被覆物の種類によってはいっそうジャーンと聞こえやすくなるであろうと思われうるたちのものである。そして明らかに一方から一方へ「過・・・<寺田寅彦「怪異考」青空文庫>
  3. ・・・「今のはぼくらの足もとから、北へ一キロばかり、地表下七百メートルぐらいの所で、この小屋の六七十倍ぐらいの岩の塊が熔岩の中へ落ち込んだらしいのだ。ところがガスがいよいよ最後の岩の皮をはね飛ばすまでには、そんな塊を百も二百も、じぶんのからだ・・・<宮沢賢治「グスコーブドリの伝記」青空文庫>
  4. ・・・ 大都会の植民地東端から英蘭銀行にいたる黒い長い路。それから、新聞街、問屋町、西バッキンガムに至るまでの活溌な、広い路。そのどこに諸君の町があるか。知っているか? 地表のロンドン市がいるのは労力だけだ。だから地下電車は君らを真空管のように吸・・・<宮本百合子「ロンドン一九二九年」青空文庫>