出典:デジタル大辞泉(小学館)

7世紀、吐蕃 (とばん) 王国時代にインドから伝わり、チベットを中心に発展した大乗仏教の一派。後期インド仏教の教理と密教を継承。15世紀にゲルク(徳行)派がおこり改革。黄帽派といわれ、以後主流となり、ダライ=ラマはその教主。ほかに、非改革のニンマ(古)派など諸派がある。13世紀以降、モンゴル・シベリア、シッキムを含むヒマラヤ地域に広まった。ラマ教。

[宗教・思想/仏教・儒教・ヒンズー教など]カテゴリの言葉