ち‐ほう〔‐ハウ〕【痴×呆】例文一覧 9件

  1. ・・・僕の病はS博士によれば早発性痴呆症ということです。しかしあの医者のチャックは僕は早発性痴呆症患者ではない、早発性痴呆症患者はS博士をはじめ、あなたがた自身だと言っていました。医者のチャックも来るくらいですから、学生のラップや哲学者のマッグの・・・<芥川竜之介「河童」青空文庫>
  2.  島木さんに最後に会ったのは確か今年の正月である。僕はその日の夕飯を斎藤さんの御馳走になり、六韜三略の話だの早発性痴呆の話だのをした。御馳走になった場所は外でもない。東京駅前の花月である。それから又斎藤さんと割り合にすいた省・・・<芥川竜之介「島木赤彦氏」青空文庫>
  3. ・・・「早発性痴呆と云うやつですね。僕はあいつを見る度に気味が悪くってたまりません。あいつはこの間もどう云う量見か、馬頭観世音の前にお時宜をしていました」「気味が悪くなるなんて、……もっと強くならなければ駄目ですよ」「兄さんは僕などよ・・・<芥川竜之介「歯車」青空文庫>
  4. ・・・やって世話した甲斐もなく、一向に時が来ても葉や蔓ばかし馬鹿延びに延びて花の咲かない朝顔を余程皮肉な馬鹿者のようにも、またこれほど手入れしたその花の一つも見れずに追い立てられて行く自分の方が一層の惨めな痴呆者であるような気もされた。そして最初・・・<葛西善蔵「子をつれて」青空文庫>
  5. ・・・ 空想を失ってしまった詩人、早発性痴呆に陥った天才にも似ている! この空想はいつも私を悲しくする。その全き悲しみのために、この結末の妥当であるかどうかということさえ、私にとっては問題ではなくなってしまう。しかし、はたして、爪を抜かれた猫・・・<梶井基次郎「愛撫」青空文庫>
  6. ・・・「痴呆のような幸福だ」と彼は思った。そしてうつらうつら日溜りに屈まっていた。――やはりその日溜りの少し離れたところに小さい子供達がなにかして遊んでいた。四五歳の童子や童女達であった。「見てやしないだろうな」と思いながら堯は浅く水が流・・・<梶井基次郎「冬の日」青空文庫>
  7. ・・・無意志無感動の痴呆の態度であった。風のように生きることである。三郎は日常の行動をすべて暦にまかせた。暦のうらないにまかせた。たのしみは、夜夜、夢を見ることであった。青草の景色もあれば、胸のときめく娘もいた。 或る朝、三郎はひとりで朝食を・・・<太宰治「ロマネスク」青空文庫>
  8. ・・・富者はその美徳をあまり多く享有する事の罪を自覚するがゆえに、その贖罪のために種々の痴呆を敢行して安心を求めんとする。貧乏は悪徳である、貧者はその自覚の抑圧に苦しみ、富の美徳を獲得せんと焦慮するために働きあるいは盗み奪う……」 呉服の地質・・・<寺田寅彦「丸善と三越」青空文庫>
  9. ・・・たとえば村の名物になっている痴呆の男が往来でいろいろのおかしい芸当や身ぶりをするのを見ていても、少しも笑いたくならなかった。むしろ不快な悲しいような心持ちがした。酒宴の席などでいろいろ滑稽な隠し芸などをやって笑い興じているのを見ると、むしろ・・・<寺田寅彦「笑い」青空文庫>