出典:デジタル大辞泉(小学館)

《「道 (ち) 股 (また) 」の意》

    1. ㋐道の分かれる所。分かれ道。岐路。

    2. ㋑物事の分かれ目。「生死の―をさまよう」

      「命を寵辱 (ちょうじょく) の―に懸け」〈露伴・二日物語〉

    1. ㋐人が大ぜい集まっている、にぎやかな通り。また、町中 (まちなか) 。「紅灯の―」

    2. ㋑大ぜいの人々が生活している所。世の中。世間。「―の声に耳を傾ける」「―のうわさ」

  1. ある物事が盛んに行われている所。「修羅の―」「弦歌の―」「戦火の―と化す」