• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

ちゃ【茶】 の意味

  1. [音]チャ(慣) (唐)
  1. 学習漢字]2年
  1. 〈チャ〉
  1. 木の名。チャ。チャノキ。「茶園
  1. チャの葉を飲料用に加工したもの。また、その飲料。「茶器茶碗紅茶新茶製茶煎茶 (せんちゃ) 粗茶点茶番茶普茶抹茶銘茶緑茶
  1. 茶を飲んで楽しむ風流事。「茶人
  1. ちゃ色。「茶系・茶褐色
  1. ひやかし。おどけ。「茶茶茶番茶目
  1. 〈サ〉23に同じ。「茶菓茶道茶房茶飯事茶話会喫茶
  1. [難読]烏竜茶 (ウーロンちゃ) 葡萄茶 (えびちゃ) 山茶 (つばき) 
  • ちゃ【茶】の例文

    出典:青空文庫

    • ・・・一行はその時、ある山駅の店に足を休めていた。

      芥川竜之介「或敵打の話」

    • ・・・ 物音に驚いて眼をさました時には、父はもう隣の部屋でを啜っているらしかった。

      有島武郎「親子」

    • ・・・――の唐縮緬の帯、それよりも煙草に相応わないのは、東京のなにがし工業学校の金色の徽章のついた制帽で、巻莨ならまだしも、喫んでいるのが刻煙草である。

      泉鏡花「瓜の涙」