出典:デジタル大辞泉(小学館)

第2世代に属するクオークで、電荷が+2/3のもの。記号はc。6種類あるクオークの中で3番目に重い。1970年、S=グラショー、J=イリオポロス、L=マイアーニにより予言され、すでにその存在を示す証拠が見つかり、中間子の一部を構成することがわかっている。