出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. 《茶臼は茶をひくことだけに用いるところから》一つの芸だけにすぐれていること。また、一つだけ得意とする芸。石臼芸に対していう。

    1. 「―を鼻にかけたがる」〈滑・浮世風呂・前〉

  1. 1の誤解から》「石臼芸」に同じ。

    1. 「しかも万能に達したとはいふものの、近くいはば―で一種 (ひといろ) も本業にならねえ」〈滑・浮世床・初〉