ちゃ‐がま【茶釜】例文一覧 5件

  1. ・・・ 同一早饒舌りの中に、茶釜雨合羽と言うのがある。トあたかもこの溝の左角が、合羽屋、は面白い。……まだこの時も、渋紙の暖簾が懸った。 折から人通りが二、三人――中の一人が、彼の前を行過ぎて、フト見返って、またひょいひょいと尻軽に歩行出・・・<泉鏡花「国貞えがく」青空文庫>
  2. ・・・炉に火の気もなく、茶釜も見えぬ。 遠くで、内井戸の水の音が水底へ響いてポタン、と鳴る。不思議に風が留んで寂寞した。 見上げた破風口は峠ほど高し、とぼんと野原へ出たような気がして、縁に添いつつ中土間を、囲炉裡の前を向うへ通ると、桃桜溌・・・<泉鏡花「雛がたり」青空文庫>
  3. ・・・児を棄てる日になりゃア金の茶釜も出て来るてえのが天運だ、大丈夫、銭が無くって滅入ってしまうような伯父さんじゃあねえわ。「じゃあ何かいい見込でも立ってるのかエ。「ナアニ、ちっとも立ってねえのヨ。「どうしたらそういい気になっていられ・・・<幸田露伴「貧乏」青空文庫>
  4. ・・・高い土塀と深い植込とに電車の響も自ずと遠い嵐のように軟げられてしまうこの家の茶室に、自分は折曲げて坐る足の痛さをも厭わず、幾度か湯のたぎる茶釜の調を聞きながら礼儀のない現代に対する反感を休めさせた。 建込んだ表通りの人家に遮ぎられて、す・・・<永井荷風「銀座」青空文庫>
  5. ・・・ かじかんだ指で茶釜をかける。 そして、彼等の中では一番年長者である彼が、皆の背のかげから、僅かの暖みをとるのである。 膝を抱えて小さくうずくまっている禰宜様宮田は、うっとりと、塵くさい大きな肩と肩の間からチロチロと美しく燃える・・・<宮本百合子「禰宜様宮田」青空文庫>