出典:デジタル大辞泉

卵子体外受精した受精卵を検査し、遺伝子染色体の異常などを調べること。受精卵診断。

[補説]胎児の細胞を検査する出生前診断と違い、妊娠前に診断できるが、生命の選別が行われるとして倫理的に問題視されている。日本産科婦人科学会では、成人までに発病して生命に関わる重い遺伝病に限り、実施の可否を個別に審査している。