出典:デジタル大辞泉(小学館)

軽小な稲舟の意から「軽 (かろ) 」、また同音の「いな」を引き出す序詞。

「最上川のぼればくだる―いなにはあらずこの月ばかり」〈古今・東歌〉