出典:デジタル大辞泉(小学館)

狂言。詐欺師が、街道で寝ている男から茶壺を取ろうとして争っていると、その地の目代 (もくだい) が仲裁に入り、茶壺を持ち去る。