ちゃ‐ぼん【茶盆】例文一覧 6件

  1. ・・・……焚つけを入れて、炭を継いで、土瓶を掛けて、茶盆を並べて、それから、扇子ではたはたと焜炉の火口を煽ぎはじめた。「あれに沢山ございます、あの、茂りました処に。」「滝でも落ちそうな崖です――こんな町中に、あろうとは思われません。御閑静・・・<泉鏡花「二、三羽――十二、三羽」青空文庫>
  2. ・・・夜具は申すまでもなく、絹布の上、枕頭の火桶へ湯沸を掛けて、茶盆をそれへ、煙草盆に火を生ける、手当が行届くのでありまする。 あまりの上首尾、小宮山は空可恐しく思っております。女は慇懃に手を突いて、「それでは、お緩り御寝みなさいまし、ま・・・<泉鏡花「湯女の魂」青空文庫>
  3.  段ばしごがギチギチ音がする。まもなくふすまがあく。茶盆をふすまの片辺へおいて、すこぶるていねいにおじぎをした女は宿の娘らしい。霜枯れのしずかなこのごろ、空もしぐれもようで湖水の水はいよいよおちついて見える。しばらく客という・・・<伊藤左千夫「河口湖」青空文庫>
  4. ・・・と女中はようよう膝を折って、遠くから片手を伸ばして茶盆ぐるみ引き寄せながら、「ついでにお茶椀も洗って来ましょうね」「姐さん、あの、便所はどちらですの?」「便所ですか? 御案内しましょう」「はばかりさま」 女中は茶盆を持っ・・・<小栗風葉「深川女房」青空文庫>
  5. ・・・ここの細君は今はもう暗雲を一掃されてしまって、そこは女だ、ただもう喜びと安心とを心配の代りに得て、大風の吹いた後の心持で、主客の間の茶盆の位置をちょっと直しながら、軽く頭を下げて、「イエもう、業の上の工夫に惚げていたと解りますれば何のこ・・・<幸田露伴「鵞鳥」青空文庫>
  6. ・・・そこで茶の好きな人は玉露など入れて、茶盆を傍に置いて茶を飲んでいても、相手が二段引きの鯛ですから、慣れてくればしずかに茶碗を下に置いて、そうして釣っていられる。酒の好きな人は潮間などは酒を飲みながらも釣る。多く夏の釣でありますから、泡盛だと・・・<幸田露伴「幻談」青空文庫>