チャンス【chance】例文一覧 14件

  1. ・・・全く何も知らぬ。チャンスがなかったのだ。手術みたいなものかしら。好奇心の病気! 盲腸という無用の長物に似た神秘のヴェールを切り取る外科手術! 好奇心は満足され、自虐の喜悦、そして「美貌」という素晴らしい子を孕む。しかし必ず死ぬと決った手術だ・・・<織田作之助「好奇心」青空文庫>
  2. ・・・これはそんなに焦らずとも、待っていれば運命は必ずチャンスを与えるのだ。自分がまだごく若く、青春がまだまだ永いことが自分に考えられないのだ。二十五歳まで学生時代全然チャンスがなくっても心配することはない。ましてそんなことはあり得ないことだ。恋・・・<倉田百三「学生と生活」青空文庫>
  3. ・・・なんというチャンス! 黄村先生があのように老いの胸の内を焼きこがして恋いしたっていた日本一の、いや世界一の魔物、いや魔物ではない、もったいない話だ、霊物が、思わざりき、湯村の見世物になっているとは、それこそ夢に夢みるような話だ。誰もこの霊物・・・<太宰治「黄村先生言行録」青空文庫>
  4. ・・・かえって、いまは、チャンスというものかも知れない。病人に優しい見舞いの言葉をかけ、そうしてお金をそっと差し出す。兵隊の兄も、まさか殴りやしないだろう。或いは、ケイ子以上に、感激し握手など求めるかも知れない。もし万一、自分に乱暴を働くようだっ・・・<太宰治「グッド・バイ」青空文庫>
  5. ・・・気の毒だねえ、せっかくのこんないいチャンス、……」 などと言っているうちに、顔は煤だらけ、おそろしく汚い服装の中年のひとが、あたふたと店にはいって来て、これがその岡島さん。「わあ、よく来たものだ。」 と皆々あきれ、かつは感嘆した・・・<太宰治「酒の追憶」青空文庫>
  6. ・・・絶好のチャンスでは無いか。行こう、袴をはいて行こうと、またまた私は、胸が張り裂けるばかりに、いきり立つのだ。捨て切れないのである。ふるさとを、私をあんなに嘲ったふるさとを、私は捨て切れないで居るのである。病気がなおって、四年このかた、私の思・・・<太宰治「善蔵を思う」青空文庫>
  7.  人生はチャンスだ。結婚もチャンスだ。恋愛もチャンスだ。と、したり顔して教える苦労人が多いけれども、私は、そうでないと思う。私は別段、れいの唯物論的弁証法に媚びるわけではないが、少くとも恋愛は、チャンスでないと思う。私はそれ・・・<太宰治「チャンス」青空文庫>
  8. ・・・ と笑いながら言って、記者たちは、もうそろそろ太宰も酔って来た、この勢いの消えないうちに、浮浪者と対面させなければならぬと、いわばチャンスを逃さず、私を自動車に乗せ、上野駅に連れて行き、浮浪者の巣と言われる地下道へ導くのでした。 け・・・<太宰治「美男子と煙草」青空文庫>
  9. ・・・「でも、いまは民主革命の絶好のチャンスですからね。」「ええ、そう。チャンスです。」「いまをはずしたら、もう、永遠に、……」「いいえ、でも、わたくしたちは絶望しませんわ。」 またもお世辞の失敗か。むずかしいものだ。「お・・・<太宰治「渡り鳥」青空文庫>
  10. ・・・歩かなくても電車や汽車やバスでどこまででも行けるではないかと云われるが、しかしそういう好季節の好天気の休日の交通機関に乗ってゆっくり腰をかけられるチャンスは少ないし、腰かけられたとしても、車内の混雑に起因する肉体的ならびに精神的の苦痛は、目・・・<寺田寅彦「異質触媒作用」青空文庫>
  11. ・・・しかし、T. T. H. Y. という風に四字の組合せならば暗合のチャンスはずっと少なくなる。尤も大井愛といったような姓名だと Oo I Ai で少し短かすぎ、また Ty So Ga Be Ta R Za E Mon では少しごたごたし過ぎ・・・<寺田寅彦「KからQまで」青空文庫>
  12. ・・・に伴なう怪我のチャンスを恐れて、だれも手を下す事をあえてしなかったら、現在のわれわれの自然界に関する知識と利用収穫は依然として復興期以前の状態で足踏みをしていたであろう。そしてまた現在の進歩した時代から見た時に幼稚に不完全に見えないものがい・・・<寺田寅彦「比較言語学における統計的研究法の可能性について」青空文庫>
  13. ・・・素朴なわたしたちのもののうけとりかたのなかには、写真についてそう思いこんでいるそのことを、さかてにとられるチャンスもある。きょうの写真のおそろしさには、そういう科学の逆用がしのびこまされている。同時に、写真のまともな機能も、ずいぶん拡大され・・・<宮本百合子「きょうの写真」青空文庫>
  14. ・・・ところが行政機構の変革をチャンスとして政府は従来の用紙割当委員会さえも無視して、ただ一人の長官が決定権をもつ用紙割当事務庁というものを創設しようとしている。世論は当然反対し、ひとまず現在の内閣直属の用紙割当委員会の自主的権限を認めるところま・・・<宮本百合子「今日の日本の文化問題」青空文庫>