出典:デジタル大辞泉(小学館)

[音]チュウ(呉)(漢)ジュウ [訓]なか うち あたる

学習漢字]1年

〈チュウ〉
  1. 物のまんなか。「中央中核中原中心中枢中点正中

  1. 二つの物の間。また、上下・大小などに分けたときの、間のところ。「中位中音中間中佐中耳中旬中農中略中流

  1. いずれにも偏らない。「中道中庸中立中和

  1. 一定の空間・時間の範囲のうち。「暗中意中渦中懐中寒中眼中忌中宮中在中山中車中術中掌中陣中水中忙中夢中

  1. 一定の範囲の全体。「年中 (ねんじゅう) 二六時中

  1. 物事の進行のなかほど。「中座中止最中途中道中

  1. 仲間うち。「社中女中連中 (れんちゅう・れんじゅう) 

  1. 中心をずばりと突き通す。あたる。「中毒中風的中南中命中百発百中

  1. 中国。「中華日中・米中・訪中

  1. 10 「中学校」の略。「中卒

〈なか〉「中庭中程背中野中人中夜中

[名のり]かなめ・ただ・ただし・な・のり・よし

[難読]中将 (すけ) 中務 (なかつかさ) 就中 (なかんずく)