ちゅうかん‐しょく【中間色】例文一覧 1件

  1. ・・・三つの生活様式の中間色をなす、過渡期の生活が起滅する間に、新しい生活様式が甫めて成就されるであろう。歴史的に人類の生活を考察するとかくあることが至当なことである。 しかしながら思想的にかかる問題を取り扱う場合には必ずしもかくある必要はな・・・<有島武郎「広津氏に答う」青空文庫>