出典:デジタル大辞泉(小学館)

《固くもなく、ゆるすぎもしない程度にくくる意》

  1. 大まかに見積もること。おおよその見当をつけること。

    1. 「利発者ども、万 (よろづ) を―にして」〈浮・永代蔵・五〉

  1. いいかげんにあしらうこと。高をくくること。

    1. 「高が知れてあると、―に括って」〈浮・禁短気・五〉