出典:デジタル大辞泉(小学館)

[名](スル)
  1. 対立し争っているものの間に入ってとりなし、仲直りをさせること。「仲裁に入る」「けんかを仲裁する」「仲裁役を買って出る」

  1. 紛争中の当事者または当事国の合意に基づいて、第三者の判断によって紛争を解決すること。

  1. 労働争議に際し、労働委員会に設けられる仲裁委員会が仲裁裁定を示して争議の解決を図ること。→斡旋 (あっせん) 調停

出典:gooニュース

出典:青空文庫

[社会/法律]カテゴリの言葉