出典:デジタル大辞泉(小学館)

中務卿 (なかつかさきょう) になった親王の称。特に文人として有名な兼明 (かねあきら) 親王と具平 (ともひら) 親王を、前中書王と後中書王と称した。

[日本史/平安時代まで]カテゴリの言葉