出典:デジタル大辞泉(小学館)

赤外線のうち、波長が2.5~4マイクロメートル程度の光線。単に赤外線という場合、この波長域を指す。有機化学物質などの分光分析に利用される。