ちゅうせき‐せい【沖積世】例文一覧 1件

  1. ・・・そこに登っておれは助かるか助からないか、事によったら新生代の沖積世が急いで助けに来るかも知れない。さあ、もうたったこの岬だけだぞ。」学士はそっと岬にのぼる。まるで蕈とあすなろとの合の子みたいな変な木が崖にもじゃもじゃ生えてい・・・<宮沢賢治「楢ノ木大学士の野宿」青空文庫>