出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. 中くらいの程度。中間の位。

    1. 「腰元、―の女までも皆色めきて」〈浮・男色大鑑・八〉

  1. 歌舞伎役者の階級。江戸での呼称で、名題 (なだい) 役者の次、下回りの上に位する。中役者。

[演劇・映画/歌舞伎・浄瑠璃]カテゴリの言葉