出典:デジタル大辞泉(小学館)

江戸時代、20歳ころから年季奉公に出ること。暖簾 (のれん) 分けなどを許されないことが多い。

「―三年の気詰まり」〈浮・新色五巻書・五〉