出典:デジタル大辞泉(小学館)

古代、神事に関する罪を犯した人に、罪の軽重に応じて大・上・中・下の四等に分けて朝廷から祓 (はらえ) の料物を科した、その第三等。

[宗教・思想/神道]カテゴリの言葉