ちゅう‐べい【中米】例文一覧 1件

  1. ・・・『今戸心中』はその発表せられたころ、世の噂によると、京町二丁目の中米楼にあった情死を材料にしたものだという。しかし中米楼は重に茶屋受の客を迎えていたのに、『今戸心中』の叙事には引手茶屋のことが見えていない。その頃裏田圃が見えて、そして刎・・・<永井荷風「里の今昔」青空文庫>