出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. 仏語。三品の中位。上品と下品の間。また、九品 (くほん) のうち、中品上生・中品中生・中品下生の総称。

  1. 程度が中くらいであること。

    1. 「工 (たく) みを取り、珍しきものに寄るはその次なり。―にして多くは地句なり」〈三冊子・赤双紙〉