出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. ひるとよる。「昼夜を問わず二四時間営業する」

  1. (副詞的に用いて)昼夜を通して。ひるもよるも。いつも。日夜。「昼夜心を悩ます」

  1. 昼夜帯」の略。

  1. 昼夜を通して遊女を買い切ること。また、その揚げ代。

    1. 「紋日でござりますから―がつきます」〈洒・青楼惚多手買〉

出典:gooニュース

出典:青空文庫