ちゅう‐りゃく【中略】例文一覧 5件

  1. ・・・曰く、「(戊戌夏に至りては愈々その異なるを覚えしかども尚悟らず、こは眼鏡の曇りたる故ならめと謬り思ひて、俗に本玉とかいふ水晶製の眼鏡の価貴きをも厭はで此彼と多く購ひ求めて掛替々々凌ぐものから(中略、去歳庚子夏に至りては只朦々朧々として細字を・・・<内田魯庵「八犬伝談余」青空文庫>
  2. ・・・       中略。○同二十七日。京に、のぼる。  やなぎやの、ふね。たつのこくに、のる。ひつじのこくに、つる一も、のる。つた一も、のる。○同二十八日。たましまに、つき、いぬのこくに、たち○同二十九日。うのこくに・・・<太宰治「盲人独笑」青空文庫>
  3. ・・・「桜は向嶋最も盛なり。中略三囲の鳥居前より牛ノ御前長命寺の辺までいと盛りに白鬚梅若の辺まで咲きに咲きたり。側は漂渺たる隅田の川水青うして白帆に風を孕み波に眠れる都鳥の艪楫に夢を破られて飛び立つ羽音も物たるげなり。待乳山の森浅草寺の塔の影いづ・・・<永井荷風「向嶋」青空文庫>
  4. ・・・ 目次と…………その説明  (中略、ここに「注文の多い料理店」の中扉のカットを挿入 1 どんぐりと山猫山猫拝と書いたおかしな葉書が来たので、こどもが山の風の中へ出かけて行くはなし。必ず比較をされなければならないいまの・・・<宮沢賢治「『注文の多い料理店』新刊案内」青空文庫>
  5. ・・・彼等は皆紳商の子弟にして所謂ゼントルマンたるの資格を作る為め、年々数千金を費す」中略「彼等は午前に一二時間の講義に出席し、昼食後は戸外の運動に二三時間を消し、茶の刻限には相互に訪問し、夕食にはコレヂに行きて大衆と会食す。」とそして、そのよう・・・<宮本百合子「中條精一郎の「家信抄」まえがきおよび註」青空文庫>