出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. 律令制下の基本的物納租税の一。大化の改新では田の面積および戸単位に、大宝律令では人頭税として課せられ、諸国の産物(絹・綿・海産物など)を納めたもの。庸 (よう) とともに都に運ばれ国家の財源となった。みつぎ。→租 (そ) 

  1. 西洋音楽で、楽曲の旋律や和声を秩序づけている、ある主音主和音を中心に組み立てられた音の体系。用いられる音階が長音階短音階かによって長調短調に分けられ、おのおのの調はその主音の名をとってハ長調・イ短調のようによばれる。

  1. 日本の雅楽で、主音の音高を表す。黄鐘 (おうしき) 調壱越 (いちこつ) 調など。

  1. 双六 (すごろく) で、二つの采 (さい) に同じ目が出ること。

  1. (接尾語的に用いて)調子のこと。「七五調」「浪曲調」「ピカソ調」

[日本史/平安時代まで]カテゴリの言葉

[世界史/東アジア・東南アジア史]カテゴリの言葉

[美術・音楽/音楽]カテゴリの言葉