出典:デジタル大辞泉(小学館)

[連語]《格助詞「と」に動詞「い(言)う」の付いた「という」の音変化》…という。主に平安時代に入ってから和歌に用いられた。→ちゅうとう
  • 「忍ぶれば苦しきものを人知れず思ふ―こと誰に語らむ」〈古今・恋一〉