ちょう‐うち〔チヤウ‐〕【町打ち】 の意味

  1. 距離を決めて的を立て、射撃の練習をすること。
    • 「―の鉄砲を申し立てに三百石くだし給はり」〈浮・伝来記・二〉
  • 名詞