出典:デジタル大辞泉(小学館)

超音波を利用して行う診断法。生体に超音波を当て、その反射やドップラー効果、エコー(反響)、透過の状況をブラウン管などに映像にして表示し、異常を見つける。苦痛や害がなく、心臓や胎児などの動きの観察もできる。超音波検査。