出典:デジタル大辞泉(小学館)

《「ちょうげん」とも》遠近・高低の町・間・尺を測量すること。

「口の広さが京間で五十三間、鼻の高さが―につもったらなんぼあらうか」〈滑・虚誕計・前〉