出典:デジタル大辞泉(小学館)

[1121~1206]鎌倉初期の浄土宗の僧。号、俊乗房。醍醐寺密教を修め、のち、法然に師事して念仏門に入った。再三にわたり入宋したといわれる。東大寺大仏殿再建の勧進職となり、天竺様(大仏様)を取り入れて完成。