出典:デジタル大辞泉(小学館)

後白河法皇の持仏堂である長講堂に付属した所領。多いときには荘園100か所以上に及び、法皇の皇女宣陽門院を経て後深草上皇に譲渡され、以後持明院統の経済的基礎となった。

[日本史/鎌倉・室町・安土桃山時代]カテゴリの言葉