ちょうじ‐ぎく〔チヤウジ‐〕【丁子菊】 の意味

  1. キク科の多年草。山地の湿地に生え、高さ30~45センチ。葉は長楕円形で、葉脈がやや平行に走る。夏から秋、花柄の長い黄色い頭状花を散房状につける。