ちょうし‐はずれ〔テウシはづれ〕【調子外れ】例文一覧 1件

  1. ・・・ ……煙草の煙、草花のにおい、ナイフやフォオクの皿に触れる音、部屋の隅から湧き上る調子外れのカルメンの音楽、――陳はそう云う騒ぎの中に、一杯の麦酒を前にしながら、たった一人茫然と、卓に肘をついている。彼の周囲にあるものは、客も、給仕も、・・・<芥川竜之介「影」青空文庫>