ちょう‐しゅう〔チヤウシウ〕【長州】例文一覧 1件

  1. ・・・もみじの落葉を焚いて酒を暖めるというのが昔からの風流であるが、この落葉で風呂を沸かしたらどんなものであろうと思って、大きい背負い籠に何杯も何杯も運んで行って燃したことがある。長州風呂でかまどは大きかったのであるが、しかしもみじの葉をつめ込ん・・・<和辻哲郎「京の四季」青空文庫>