ちょう‐じゅう〔テウ‐〕【鳥銃】例文一覧 1件

  1. ・・・はじめ家族までも傷けんという心はなかりしが、きり入りし一同の鳥銃放ちて引上げたるとき、一人足らざりしかば、怪みて臼井が邸にかえりて見しに、此男六郎が母に組まれて、其場を去り得ざりしなり。引放たんとするに、母劇しくすまいて、屈する気色なければ・・・<森鴎外「みちの記」青空文庫>