出典:デジタル大辞泉(小学館)

京都高山寺所蔵の絵巻。4巻。鳥羽僧正(覚猷)筆と伝える白描画。最も著名な第1巻は蛙・兎・猿などの遊戯するさまを擬人化して描き、平安時代12世紀の作。第2巻も同時期のもので、種々の鳥獣を活写、第3・4巻は人物や鳥獣の戯画で、鎌倉時代の作。鳥獣人物戯画。

[美術・音楽/日本・東洋の美術作品]カテゴリの言葉

出典:gooニュース